This Category : おでかけ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

お写んぽ

2012.04.24 *Tue
s-DSC_0200.jpg

御無沙汰(し過ぎて)います。
えっと色々ありすぎまして。。。初めて仕事辞めたいと思ったとか思わなかったとか。

気晴らしのため、お天気が良かったので昼から仕事休んでお散歩にいってきました。。。


スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

カエルの親もカエル

2010.12.15 *Wed
s-DSC_9645.jpg

本日は昼から休み、両親を連れて「なばなの里」へと行ってきました。
母親が前から行きたい行きたいと言っていたので。
私も一度見てみたいなぁと思っていたのでちょうど良い。
(でも1月に職場の子たちと行く約束もあるのよね。。。(^^;)

s-DSC_9629.jpg

s-DSC_9625.jpg

s-DSC_9661.jpg

s-DSC_9669.jpg

s-DSC_9674.jpg

このような感じでした。
綺麗でした。満足。。。。

ただ、めちゃめちゃ寒かった。冷蔵庫並みの気温でしたので(><

そんな寒い中のイルミネーションの帰り道……


母「こうやって連れてってもらえるのは嬉しいんだけどねぇ。。。
  このままずっといっしょってのもねぇ。。。」

(暗に早く結婚しろと言っています)

娘「暫く、ずっとこのままの予定ですが、何か問題でも?」

母「ピエールさん、もう結婚するんじゃないの?」

(ピエールとは同い年の友人のことです)

娘「そのような話しは今のところ聞いていませんが
  2年後くらいに弟が結婚したら家を追い出されるかもと言っていました。」

母「そうなの?だったら家にきたらいいんじゃないの?」

えぇ、、、私も以前同じことをピエールに言っていましたよ。
家追い出されたら一緒に住めばいいさと。

カエルの子はカエルと申しますが
カエルの親もやっぱりカエルだったとさ。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

願い事なんでも…

2010.08.02 *Mon
桜島からフェリーに乗って、鹿児島市に入ったところで1日目は終了して
2日目は霧島方面へ向かいます。。。

霧島の地は日本初ハネムーンな竜馬さんたちが来た、なんて話もありますので
最近はお客さんがたくさんいらしてるのではと思いつつ……

高速でびゅぅ~んと走ってついた先は

s-DSCF8375.jpg

霧島神宮です。
今回行くまで気づいていなかったのですが
霧島は高千穂のご近所さんだったのです。
天孫降臨伝説の残る、あの高千穂です。
一度高千穂峡にも行ってみたいのですが、なかなか。。。

そして、霧島神宮の本殿の彫刻もなかなか豪華で。。。(写真撮ってないですが(^^;)

でもって、そんな霧島神宮で手に入るのが↓

s-DSC_9196_20100802214028.jpg

「きりしま花まもり」というもの。
なんでも、、、「どんな願い事でも叶う」とかなんとか。。。
ひいたおみくじは、、、忘れました。
春に出会いがあるとかなんとか……といってももう夏ですけど(笑

もっと時間があったら高千穂峡へ行ってみたり
霧島温泉とか行きたかったなぁと思いつつ
飛行機に乗って帰ってきたのでしたトサ。。。

s-DSCF8326.jpg

鹿児島1泊2日はちょっと勿体ないかもしれません。
のんびり旅したかったなぁ……
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

footmark

2010.08.02 *Mon
s-DSCF8333.jpg

どこまで記憶が遡るのかというと…
今年2月には鹿児島へと行ってきました。初九州♪♪
飛行機に乗って鹿児島空港へと降り立ち…

あとはレンタカーで桜島1周の旅へ。

桜島(さくらじま)は、鹿児島県の錦江湾(正式には鹿児島湾)にある東西約12km、南北約10km、周囲約55km、面積約77km²の半島。
かつては文字通り島であったが1914年(大正3年)の噴火により大隅半島と陸続きとなった。

御岳(おんたけ)と呼ばれる活火山によって形成され、頻繁に噴火を繰り返してきた歴史を持ち、
2010年現在も噴火を続けている。海の中にそびえるその山容は特に異彩を放っており、
鹿児島のシンボルの一つとされる。

2007年、日本の地質百選に選定された。

Wikiより



私なんかは…AT火山灰のイメージが強いです。

すごくサラサラしてて、灰と思うと違和感がありました。
といっても、、、路肩にも積もっていたり、走っている車にうっすら積もっていたりと
住んでいる方にとっては大変なんだろうなぁと思ったわけです。

で、途中道の駅でお昼ご飯を食べつつ、みんなで記念写真を撮っていたら…

s-DSCF8343.jpg

始めてみました、噴火。
雷のような音がして、ビックリしたらもくもくと煙が。
最近は噴火が多いなんて話をききましたが
本当に多くて、最後の方は慣れてしまって、またかなんて感じに。

で、桜島では見たかった「埋没鳥居」を。
黒神町というところにある黒神神社の鳥居。

s-DSCF8345.jpg

1914年に発生した大正大噴火によって上部をわずかに残し噴石や火山灰に埋もれてしまった鳥居です。
自然の力って怖いなぁと改めて思いました。

そして、桜島をぐるっとした後は
フェリーに乗って鹿児島市へと移動して、初鹿児島1日目が終了しましたトサ。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

京都の旅~常寂光寺・紅葉編~

2009.11.08 *Sun
ということで、、、常寂光寺紅葉編です。

s-DSC_6954.jpg

s-DSC_6976.jpg

s-DSC_6947.jpg

s-DSC_6974.jpg

s-DSC_6971.jpg

s-DSC_6973.jpg

s-DSC_6959.jpg

s-DSC_6977.jpg

こんな感じでした。
時期としてはちょっと早かったのですが、色とりどりの紅葉が見られて良かったです。

で、常寂光寺の後は化野念仏寺へ行く予定だったのですが…ミスして行けず(^^;;
そのまま高雄山パークウェイへ行き、一番の目的
高雄山神護寺へと向かったのでした!!!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

京都の旅~常寂光寺編~

2009.11.08 *Sun
s-DSC_6946.jpg

嵐山を後にして、、、向かったのが常寂光寺です。
(常寂光院ではなかったです、寂光寺でした(^^;)

常寂光寺とは…

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は京都府京都市の嵯峨野にある日蓮宗の仏教寺院。
山号は小倉山。

百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望でき、
秋は全山紅葉に包まれる。その常寂光土のような風情から寺号がつけられたとされる。

平安時代に藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝わる地で、
安土桃山時代末の慶長元年(1596年)に日蓮宗大本山本圀寺十六世日禎が
隠棲の地として当山を開いた。

歌人でもある日禎に小倉山の麓の土地を寄進したのは角倉了以と角倉栄可で、
小早川秀秋ら大名の寄進により堂塔伽藍が整備された。



s-DSC_6950.jpg

本堂

s-DSC_6951.jpg

妙見堂

s-DSC_6957.jpg

多宝塔

s-DSC_6961.jpg

多宝塔の側に「歌仙詞」という場所があり
そこまでいくと嵯峨野を一望することができます。いい眺めでした♪♪

s-DSC_6970.jpg

本堂裏のお庭。紅葉にはちょっと早いけど、よく手入れされていて、落ち着きました。
日本庭園とか好きで、良く授業サボって竜安寺の石庭を眺めに行っていました。

今回も朝早く行ったためか、ほとんど人がおらず
静かな中、のんびりと散歩することができました。
早く出るのはちょっと眠かったけど、、、早く出て良かったと思いました♪
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

京都の旅~嵐山編~

2009.11.07 *Sat
s-DSC_6897.jpg

そうだ、、、京都へ行ってきました。
朝4時頃には家を出て、京都へと向かいます。
道は結構空いており、嵐山まで難なく到着。
こんな嵐山、、、今まで見たことありません。
人がほとんどいない(笑

コインパーキングに車を入れて、渡月橋に向かっててけてけ歩いていきます。


s-DSC_6915.jpg

s-DSC_6912.jpg

渡月橋です。そうそう、こんな感じの橋だった。
久しぶりすぎて、、、何か変な気分。
朝日が昇ってきて、朝靄がだんだん晴れていく姿は幻想的でした。

渡月橋の近くを散歩していると…

s-DSC_6908.jpg

京の町には雲水さんが似合うと思います。

s-DSC_6910.jpg

思ったよりも紅葉が進んでいてちょっとlucky♪♪
見頃はやっぱり3連休の頃かなぁとは思いますが・・・そんな時はすごい人でしょうね(^^;

s-DSC_6920.jpg

この川をさかのぼっていくと保津峡ですね。
嵐山のトロッコ電車と保津峡…いつか行ってみたいです。

で、車に戻る時に「天龍寺」に寄ってみました。
天龍寺の境内は、日当たりの良い所はずいぶんと紅葉が進んでいました。

天龍寺は嵯峨天皇の皇后、橘嘉智子が開いた檀林寺の跡地に
足利尊氏が開いたお寺だったのですね。今回初めて知りました。
庭園がきれいそうだったのですが、時間外で見られなかったのが残念でした。

s-DSC_6925.jpg

天龍寺、慈済院にて御神籤を引いてみるも。。。な感じ(^^;
お堂の中には…

s-DSC_6929.jpg

なぜかニャンコの像が。
なんでかなぁと思っていると…ニャンコの下に「大般若経」と書かれた箱があるのに気付き思い出した!!
「猫は経典とともに三蔵法師が連れてきた」なんて伝承があったなぁと。
大切な経典をネズミから守るため連れてきた、、、そうな。
ネズミって紙食べるのか!?という突っ込みはさておき
なるほどなるほど、と一人納得したのでありました。


s-DSC_6933.jpg

いい天気に恵まれ、渋滞にもあわず
良い感じで旅のスタートを切ることができました。

で、嵐山を後にして、、、小倉山の麓にある常寂光寺へと向かいました…
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

秋と冬が一気にやってきた

2009.11.03 *Tue
s-DSC_6781.jpg

昨日から寒い寒いと言っていたのですが…今日も寒かったです。
朝家を出た時点ですでに9℃。。。
そんな中、、、カメラ友達と更に寒い所へ行ってきました。

まずは「ひるがの高原」へ。
「るりは」さんへ行こうと思ってひるがのSAのスマートインターで降ります。
高鷲からチェーン規制が履いていたのですが
SUBARUのAWD、4輪スタッドですから無問題。
(運転私じゃないので言いたい放題です)
そうそう、スマートインターで降りたら思いのほか雪が残っていて
雪と紅葉を求めて放浪してきました。

s-DSC_6783.jpg

*牧歌の里あたり

s-DSC_6803.jpg

*どこかのスキー場あたり

紅葉と雪景色が一気に見られて何かちょっと得した気分!!
まさか11月にひるがので雪が降るとは思わなかったので僥倖でした。

s-DSC_6821.jpg

*やまびこロードあたり

紅葉・黄葉・蒼穹。自然の作り出す色とはなんとも。

s-DSC_6836.jpg

s-DSC_6847.jpg

*「るりは」近辺。

「るりは」さんがお休みでショォ~ック。
突然の雪だったので、急ぎの冬支度となったようです。
冬の間も土日はやっておられるようなのでまた出直します。

この後は荘川まで行ってお蕎麦食べて
ひるがのSAでソフトクリーム食べて(めちゃめちゃ寒かった(><)
のんびりと帰ってきました。

紅葉が見れたらいいなと思って出かけたら
雪+紅葉と一気に見れて、なかなか楽しい1日でした(^^
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

Akari-Art

2009.10.13 *Tue
s-DSC_6161.jpg

ということで、無事に7人集合できたので
ちょっと予定より遅れましたが、「あかりアート」会場へと向かったのであります。

s-DSC_6174.jpg


2008年から三脚・一脚はプレスの人以外禁止となりましたが
実は作品自体は結構明るいのです。
町並みと合わせて、、、となるとちょっと無理ですが
作品を撮る分には手持ちでも十分なんとかなりそうです。

s-DSC_6183.jpg

あ、あと今年からはエリア内完全禁煙となったようです。
紙の作品ですし、人もたくさん居ますのでそれも仕方ないかなって感じです。

s-DSC_6175.jpg

毎年見に行っていますが、毎年違う作品があり
「なるほどっ!!」という感動があります。

s-DSC_6239.jpg

そうかと思えば、、、同じ作者さんかな??と思われる
去年の進化バージョンの作品もあって、それが面白かったりもします。

s-DSC_6238.jpg

青色のLEDかな?去年あたりから増えたような気もします。

s-DSC_6195.jpg

これは過去の作品なんだけど
鳥の羽を使った、和紙だけじゃない明かりも見られるようになりました。

s-DSC_6234.jpg

和紙を通した明かりは
ほんのりとした明かりで、とても優しい感じがします。

s-DSC_6194.jpg

光が作り出す陰影。
光の部分だけでなく、影の部分も含めての作品なんだなぁと思ったり。

s-DSC_6188.jpg

これも過去の作品なんだけど私のお気に入り。
下に写りこむ月がなんとも好きなのです。

作品の数が多くなりすぎて、全てを見るのがなかなか大変なのがちょっと欠点でしょうか。
あと人の多さもちょっと苦手かな(^^;
それでも古い町並みに並ぶ和紙の明かりが幻想的で
やっぱり来年も見に行こう、という気分にさせられるんですね。

今回、初めて見られたかたもいらっしゃいましたが
楽しんでいただけたでしょうか?
ちょっといい加減な行程もありましたが、楽しんでいただけたなら幸いです。
また来年ご一緒いたしましょう。。。

そして、今週末からは優秀作品を集めた「あかりの町並み美濃」も始まります。
「あかりアート」を見逃した方、「あかりアート」ってどんなだろう?と思われている方
見に行かれてはいかがでしょうか?
COMMENT (8)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

Gifu castle

2009.10.13 *Tue
怒涛の3連休が終わってしまいました…(^^;

最近「事故報告日記」とか「修理&復活日記」と化している
なぁんて噂もありますが…そんなこたぁありません。
普通の日記だって書きますよ(。。;

3連休初日は毎年恒例となった「あかりアート展」へ行き

2日目はイベントのお手伝いと後片付けで2時帰り(^^;;
久しぶりに着物着て“一応の”看板娘やってきました。
片付けの時はあちこち走りまわり塀をよじ登り(笑
着地に失敗して足が痛かったり痣ができてたり(^^;;;

3日目は、、、刈り入れの終わったお米を運びました…24俵(´Д`
半俵(30kg)単位になっていたのがありがたかった…

その結果、、、筋肉痛とかちょっと腰がいたいとか
久しぶりに体動かしたなぁという感じです。。。

あ、前置きが長くなりました。

とりあえず初日は「あかりアート展」を見にいったわけです。
今回は総勢7名なのですが、、、夕方までは3人でふらふらお散歩。
まずは美濃の町中をのんびりお散歩した後、、、

天気も良かったので天下を取るため「岐阜城」へと向かいました。

s-DSC_6140.jpg

岐阜城は気合いの入った時期の山城です。
ということで、攻めにくい、山のてっぺんに建っております。
岐阜城への道は色々コースがあります。馬の背コースとかとか。。。

自力で登るのはとてもとてもしんどいですので
ロープウェイでサクサクッとお城へ向かいました。

といってもロープウェイを降りてから、10分弱ほど歩かなければなりません。
一番年下の私が一番最初にへこたれてしまいました。

s-DSC_6142.jpg

が、なんとか到着。天気が良くて、風はちょっと冷たいくらいでした。
秋なんだなぁと思いつつ、、、天守閣へと向かいます。

s-DSC_6147.jpg

ほんと、天気が良くて遠くまで見渡すことができました。
ここは一応御嶽方面を臨んでいるはずなのですが、、、冠雪してないので
どれが御嶽かさっぱりでした。恵那山とかも冠雪したら分かるのですが。。。

手前に見えるのが清流長良川に鵜飼大橋。
夜に向かう美濃の方面も見えるはず、、、なのですがどこか分かりませんでした(^^;

そんなこんなで1,250円で天下を取った私たち。

s-DSC_6148.jpg

下山後は川原町界隈を散歩して「川原町屋」にて一息。

その後は…
時間配分とかミスっちゃうわ、お迎えに行くホテルの場所間違えちゃうは
プチッとアクシデントがかなり多かったのですが(。。;;


とりあえず、全員無事に集合して「あかりアート」へと向かいます。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。