スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『卵の緒』

2009.01.06 *Tue
卵の緒 (新潮文庫)卵の緒 (新潮文庫)
(2007/06)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


僕は捨て子だ。その証拠に母さんは僕にへその緒を見せてくれない。
代わりに卵の殻を見せて、僕を卵で産んだなんて言う。
それでも、母さんは誰よりも僕を愛してくれる。
「親子」の強く確かな絆を描く表題作。
家庭の事情から、二人きりで暮らすことになった異母姉弟。
初めて会う二人はぎくしゃくしていたが、やがて心を触れ合わせていく(「7's blood」)。
優しい気持ちになれる感動の作品集。



・『優しい音楽』・『天国はまだ遠く』に続いて、瀬尾さんの小説です。
瀬尾さんの小説はとても優しい気持ちになれますね。
今回も読み終えたあとはほんわか、温かい気持ちになれました。

「すごーくおいしいものを食べた時に、人間は二つのことが頭に浮かぶようにできているの。
 一つは、ああ、なんておいしいの。生きててよかった。
 もう一つは、ああ、なんておいしいの。あの人にも食べさせたい。
 で、ここで食べさせたいと思うあの人こそ、今自分が一番好きな人なのよ」



「卵の緒」の一節。なるほど。何か分かるような気がする。
カッコイイ言葉であれこれ「好き」を語るより
身近で、分かりやす言葉で語った方がなんかしっくりくる、そんな気がします。

やっぱり瀬尾さんの本はいいなと思います。
ということで、、広めるためまたY氏に「読んで!!」と渡すことにします(笑
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。