スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『グラスホッパー』

2008.06.12 *Thu
グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
(2007/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。
一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。
それぞれの思惑のもとに―「鈴木」「鯨」「蝉」三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。



主人公は「鈴木」のはずなんだけど「鯨」「蝉」という二人の人物が絡んできて
3つの短編集を同時に読んでいるような不思議な気分に。
「蝉」なんかはかなり陽気な性格で、殺し屋だと思えない。
が、読んでいくとやはり非情な殺し屋だというシーンが登場する。

都会で暮らす人間はバッタの「群集相」に似ている。
密集して暮らしすぎて、生き抜くために慌ただしくなり、凶暴になる。
それなら人を減らせばいい、、そうやって人を自殺させる鯨。

ものすごく純粋なようで、何か間違っている、、
喉に刺さった魚の骨がささって取れない、そんな気分です。

「不安になったり、怒ったりするのは動物的だけど」と言った亡き妻の声が甦る。
「原因を追究したり、打開策を見つけようとしたり、くよくよ思い悩んだりするのは、
絶対、人間特有のものだと思うのよ」



そうかもね、、と思った一文でした。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。