スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

京都の旅~常寂光寺編~

2009.11.08 *Sun
s-DSC_6946.jpg

嵐山を後にして、、、向かったのが常寂光寺です。
(常寂光院ではなかったです、寂光寺でした(^^;)

常寂光寺とは…

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は京都府京都市の嵯峨野にある日蓮宗の仏教寺院。
山号は小倉山。

百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望でき、
秋は全山紅葉に包まれる。その常寂光土のような風情から寺号がつけられたとされる。

平安時代に藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝わる地で、
安土桃山時代末の慶長元年(1596年)に日蓮宗大本山本圀寺十六世日禎が
隠棲の地として当山を開いた。

歌人でもある日禎に小倉山の麓の土地を寄進したのは角倉了以と角倉栄可で、
小早川秀秋ら大名の寄進により堂塔伽藍が整備された。



s-DSC_6950.jpg

本堂

s-DSC_6951.jpg

妙見堂

s-DSC_6957.jpg

多宝塔

s-DSC_6961.jpg

多宝塔の側に「歌仙詞」という場所があり
そこまでいくと嵯峨野を一望することができます。いい眺めでした♪♪

s-DSC_6970.jpg

本堂裏のお庭。紅葉にはちょっと早いけど、よく手入れされていて、落ち着きました。
日本庭園とか好きで、良く授業サボって竜安寺の石庭を眺めに行っていました。

今回も朝早く行ったためか、ほとんど人がおらず
静かな中、のんびりと散歩することができました。
早く出るのはちょっと眠かったけど、、、早く出て良かったと思いました♪
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。