スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

突撃隣の、、、近江八幡

2008.07.21 *Mon
な・なぜか…

と・突然…

近江八幡市へと行ってきました(笑

で、まず行ったのは、、、「竿飛神事」で有名な伊崎寺。
延暦寺の末寺で、修行道場なんだそうです。

s-DSC_7903.jpg

参道には色々な人の祈りの形があり
鬱蒼とした森を抜けると本堂です…がけっこうしんどい

「棹飛堂」へと向かいます。
ちなみに「竿飛び神事」って何かというと…

例年、8月の第1日曜に行われる。
琵琶湖上に突き出た長さ13mの角材から、若者らが約7m下の湖面に飛び込む。
今から約1.100年前に伊崎寺の修行僧が、眼下に広がる琵琶湖に空鉢を投げて、
湖上を行きかう漁民たちに喜捨(きしゃ)を乞い、そのあと自ら湖中に飛びこんで、
空鉢を拾い上げたのが始まりといわれる。これが天台宗の僧や信者らにより、
湖へ飛び込む捨身(しゃしん)の修行として形を変え「竿飛び」として残り、
現代になって厄除祈願、度胸試として定着した行事である。


なのだそうです。

で、「棹飛堂」へと向かうと、、そこにはちょうど

s-DSC_7923.jpg

飛び込もう!!というお兄さんが
カメラを構えて待っていると、、大サービスして飛んでくれました。
シャッターのタイミングがずれて、いい写真ではないですが
何かすごく気持ちよさそうでした

伊崎寺を後にして、、次は…

s-DSC_7974.jpg

なんと!!船に乗って沖島へと向かったのです。
淡水に浮かぶ島というのは世界でも珍しいのだとか。。。

s-DSC_7997.jpg

梅干しが干されていました。ちょうど「土用干」の頃なんですね。
梅の赤がとてもきれいでした!!

s-DSC_7986.jpg

s-DSC_7994.jpg

s-DSC_8016.jpg

(島で撮った写真は追々写真Blogででも、、、)島の中は時間がゆったりと流れていたような気がします。
車が走っておらず、交通手段は自転車のみ?
船着き場に島の人たちの車が置いてあり(全員分?)
毎朝船で本土へ行き、そこから車で通勤するそうです。
自分で船を運転し島へとて帰って行く人もいました。
本当に滋賀県と思ってしまうような場所です。
のどかで、いい場所でした。
写真の撮り歩きにはもってこいの場所です♪♪

、、、で家に帰ってきてみると腕が痛い…

s-DSCF4502.jpg

普段、日に当たっても赤くなったことなんてなかったのですが
今日…家に帰ってみると見事な日焼け
ただいま冷やし中です。。。本格的な夏到来のようです。
ますます、、、溶けて動けなくなりそうです…
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Re: 突撃隣の、、、近江八幡
おつかれさまです(^^

暑い中 連チャンやったのですね、、、
それなのに遅くまで日曜はごめんなさいです。
あらためて ありがとうございました。。

竿飛びだったら自分も飛び込んでみたいなぁ、、、

沖島…いいとこそう、、、
撮り歩き大好き人間には興味津々です(^^

それにしても、、、日焼けがなんとも痛々しい(>_<)
この夏はこもぎ色のいい夏女になるかも?

こも
2008/07/23(水) 13:54:56 | URL | kaz #HL3aOXhs [Edit
Re: 突撃隣の、、、近江八幡
kazさん

こんばんは(^^
まさか私も近江八幡へ行くとは思ってませんでした(笑

日曜はそんなに遅くなかったので大丈夫ですよ!!
kazさんこそ遠くから大変でしたね。

竿飛び、、7mくらいだそうですが
気持よさそうですよね。
これだったらちょっと飛び込んでもいいかも、、とか思っちゃいました。

沖島はいいところでした。
朝市近江八幡のハリエでバームクーヘンを食べ
沖島で撮り歩きとか面白いかもしれませんね(^^

腕は、、、まだ痛いです。
お年頃の女の子なのにっ(><
2008/07/24(木) 02:13:38 | URL | こも #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。