スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『オーデュボンの祈り』

2008.06.05 *Thu
オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


コンビに強盗を失敗逃走していた伊藤は、気づくと見知らぬ島にいた。
江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。
嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。
次の日カカシが殺される。
無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。
未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?



『死神の精度』に続く、伊坂小説です。
伊坂氏の作品といえば『陽気なギャングが地球を回す』でしょうか。
個人的にこの『陽気なギャング…』は好きな作品です。

この『オーデュボン祈り』は銀行強盗に失敗した伊藤が主人公。
なぜか、江戸時代から鎖国され、現代の日本人に忘れられた島“荻島”に連れてこられた所から
話は始まります、、、

島には奇妙な人しか住んでおらず、その奇妙な人間たちの間でも一番奇妙なのが
「人語を解し、未来を見通すカカシ」です。
そのカカシは未来は見えても誰にも語らず、、事件が起こった後で犯人を教える。
その「未来が見える、何でもお見通し」のカカシが殺された。

なぜカカシは自分の死を予知できなかったのか?
予知できていたのなら、なぜ自分の死を防がなかったのか?

このカカシの死を軸にして、物語は坦々と進んでいきます。
カカシの死の原因を探るため、島民から話を聞く伊藤。
何も関係なさそうな人々の行動、会話がやがて1本につながり真相へと繋がるっていきます。

島民の何気ない行動・会話の繰り返し。
意味のなさそうな話が最後に繋がった!!と分かったときはなかなか爽快です。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。 江戸以来外界から遮断されている\"荻島\"には、妙な人間ばかりが住んで...
2009/02/06(金) 17:31:56 | 粋な提案 [Del


Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。