スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『容疑者Xの献身』

2008.09.22 *Mon
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


『ガリレオ』『予知夢』に続く、東野さんの作品。
今回は短編集ではなく、丸っと1冊が1つの物語に。
TVドラマにもなり、映画にもなった。。そうな。10月4日公開。

以前『さまよう刃』を読んだ時も思ったのですが…
さいごにやられた、、、「そうだったのか」と。
幼い頃からミステリーが好きで、あれこれ読んでいるうちに
何となく結末が分かってしまう、そんなミステリー慣れしてしまっている私ですが
東野さんの作品には何度も良い意味で「裏切られて」います。
いっそ清々しいくらいのやられた感。なかなか手ごわいです。

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、
一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。
彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。
だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。



最後の最後に、全てがつながった時、そうだったのかと。
草薙がどうしても靖子を追い詰められなかった理由はそれだったのかと。

映画のトレイラーもTVで流れていますので見ました。



福山さんの声はやっぱりいいなぁ(*´ω`

、、、、ではなくて。

この本を読んだ後はやはりキャスティングが気になった。
真実に近づけば近づくほど、湯川の苦悩が増したのは
刑事である親友草薙と犯人である親友石神の間で揺れ動いていたからではないかと。
トレイラーを見ていると、、湯川と内海のややラブロマンス的な要素があるように感じられて。。。。
冴えない数学者役の堤さんも、、、うぅ~ん。
どう見ても「冴えない男」には見えない、、湯川が石神を疑うきっかけを考えるとやや違和感が。
その辺りを映画がどうまとめているか、見るのもまたいいかもしれないです。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 徒然なるままに日暮らし… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言




プロフィール

こも

Author:こも
何処へ行くかは分かりません。風の吹くまま気の向くまま、山なし、谷なし、オチもなし。日々の出来事を綴っていく予定。

相棒はR2とD90。時々D80とD50に
FUJIのF30

のはずでしたが、F30を壊してしまったので、、F100が相棒となりました。

強がっているけど実はたぶん、かなりの寂しがり屋ですので、、是非構ってやってください(^^












月別アーカイブ(タブ)




twitter






ブログ内検索






QRコード

QR




*




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。